total: today: yesterday:

東京「酔い」トコ

東京に3日間ほど行ってきたんだけれど、イヤァ、今回の東京は想像以上にアツイところであったナァ。

1年半くらい前に行ったときも東京はすごく楽しかった思い出があるんだけれど、今回は季節が逆ということもあってかそのときとはまた違った、いろんな楽しさを集めて丸めてしぼって濃縮して乾燥させたあとビールでもどしてグビグビやったような充実度で、本来の目的である友人の結婚披露宴というヒジョウにオメデタイ宴もこれまたヒジョウにオメデタク、すこぶる満足のいく旅行をすることができたのであった。

俺の場合「満足」という「集合」は「飲酒」という、より大きな「集合」に常に含まれるから今回の旅行ももちろん「飲酒」をベースに話が進んでいったワケなのだけれど今回はいつもよりそのベースの色がやや濃いめ、というのも先述の披露宴が昼間(午前11時半)からあったからで、昼間から披露宴があるというコトは、それはすなわち昼間からお酒を飲んでよいという免罪符を手に入れたコトを意味し、昼間からお酒を飲むというコトはそれはすなわちそのまま夜寝るまで延々と飲み続けるというコトを指すのであるから、おまけに旅行に来ているという俺の天真爛漫な心持ちのなかで飲酒の足カセとなる特段の事情存在しない今、むしろお酒を飲まないことの方がよっぽど不自然であるということからも、午前1時過ぎるまで腱鞘炎をも誘発されかねないピッチでコップを持った右腕の反復運動ただひたすらに、もしも全く同じコトをお酒嫌いの人がしたとすれば不意に「俺は一体何の罪に対する罰としてこれほどまでに責めさいなまれなければならないのだろう」と、はらはら男泣きに涕涙の睫毛にかかるを禁じ得べからざる状況そこに創出されること無理もない環境のなかで、夜の帳がおりてアルコール分解の仕事が日勤から夜勤に引き継がれ、なまじ北半球ゆえ俺の頭にもコリオリの力により反時計回りに酔いがまわってフラリフラリと足元おぼつかず時折ゼブラのストライプが視界を駆けぬけるという段に至ってもなお戦いを止めない満身創痍の男の姿をいかんなく発揮し示すコトはまことにもって正しくも熱くたっとい行動であったと胸をはれるのであった。

というワケで、飲みながら具体的に何をしたのか逐一説明することはこの際省くのだけれど、楽しかったというコトはこれはもう間違いのない事実なので、是非近いうちできれば年内にもまた遊びに行きたいナァと思っているのであった。


ああ重要なことを一つだけ、今回はそんななか新しく一人の女性とも出会うコトができたのであった。
初対面とは思えない楽しい時間を数人で共に過ごした彼女は写真で見たのと同様、なかなかの麗人であった。

引越し

イヤァ、引越しをしたんですネ。仙台に来てトータル6軒目、そのうち太白区は2軒、青葉区は今回で4軒目という内容なんですネ。

同じ市内を11年で6軒というのはおそらく比較的多いほうだと思うけれど、俺にとって引越しというイベントは中毒性突発的脳内びまん性そぞろ転居欲求抑制障害の一症状としてだいたい2、3年の周期で現れる、自覚的意識的(若干譫妄的)に把握しつつも一度発症したら不可逆的にじわじわと進行する離脱症状の一つ。しかしそうはいってもさすがに6軒は多すぎるから「もしや一連の引越しを繰り返す俺の体には古よりこの地にはびこる狐狸の類でもとり憑いているのではあるまいか」と、やにわに仙台地図広げその6軒に印をつけて線結んでは陰陽道につながる何らかの意味を探ってみたりもしてみたけれど(←ウソ)、案の定その6つの点が正確な六芒星を描いていたなどというオカルト的現象あるハズもなく、やはりこれは単に俺自身の問題で、まあこの症状は不可逆的なのだから何らかの努力によって発症自体を何らかの形で遅らせるかもし発症してしまったらしまったでその進行を何らかの形で抑える何らかの策を講ずるより他ないだろうなどと、アタリマエのようなよくワカラナイ理屈を一人コネ続けるも世間一般の関心を得るには遠く、今回また一つの部屋が晴れて空き部屋となったのであった。

ウーム、引っ越しというのはただ住民票記載の内容が変わるのみにあらず生活環境が変わるのみにあらず、過去から現在そして未来へと自らの存在をつなげる、それはいわば「結びの作業」。部屋の隅に追いやられて閉じこもっていた思い出にやわらかな風を通し、冷えて固まっていた感情をやさしく融解させる、それが俺にとっての「引越し」の一つの重要な意味であるのだ。(←引越しを繰り返す自分を正当化しようとしてる。)

荷造りの途中、思いもよらぬところから出てくる写真や品の数々。それら一つ一つを手にとって瞳を閉じれば、思い浮かぶは忘れかけていたたくさんの素晴らしきものたち。明るい太陽の下、可笑しそうに笑う顔、顔、顔。いつも仲良く遊んでくれた友達。おいしいお料理を作ってくださった給食のおばさん。いつも優しい笑顔で接してくださった用務員のおじさん。

ありがとう!僕は今、(一斉に)旅立ちます!!

ちゃらおプロフィール

  • 【生年月日】S49年9月19日
  • 【住所】宮城県仙台市
  • 【出身】北海道函館市
  • 【SNS】mixi,twitter,FB

カテゴリ別アーカイブ

フィード

  • rss2.0
  • atom1.0
Powered by MT-4.261-ja