total: today: yesterday:

ビバ充実食生活

ここ数日、久しぶりに食生活が結構充実しているんだけれど、イヤァ、嬉しいコトだナァ。
先月の東京滞在中は如何せん宿泊していた寮には調理器具はヤカンしかなくて、食事といえば毎日「緑のたぬき」か「まるごとソーセージ」という生活を強いられていたものだから(まあ「緑のたぬき」と「まるごとソーセージ」は俺の選択だけど)、家できちんとしたご飯を食べられるというのはこれはすこぶる幸せなコトだと今さらながらしみじみ思っているワケなのであった。

事実、栄養の足りない生活をしていると体の抵抗力は弱ってしまうからそれによって知らずしらずのうちに名も知らぬ遠き島より流れ寄る何かしらのバイ菌に日和見感染してしまうということは十分に考えられるコトなのだけれど、俺の場合もまた先述の東京滞在後半には何やら鼻の下に痛がゆいブツブツができてきて、と思ったらそれから3日もしないうちにそれはちょうど牡牛座のプレアデス星団(和名すばる)の形にその数を増やしつつ急速に発達、それには「これ以上ほうっておけばこれは8世紀のイスラム帝国のごとくその勢力を拡大して最終的にはひとつの小宇宙(コスモ)を形成するまでに成長してしまうのではなかろうか」という脅威を感じるほどになったモノだから、やたらと不安になってしまって風呂に入るたびに何度も顔を洗ったりしていたのを思い出すのである。
ウーム、絶対に何かの日和見感染だったと思うのである。

それに比べて今の食生活の充実度よ。
しかも特にここ最近はそれにプラスアルファとして夜寝る前に天下一品ラーメン(お持ち帰り用)を作って食べるという過剰摂取ぶり。

思えば今年の初夏の一時期にはほぼ毎日のように天下一品ラーメン(お持ち帰り用)を買ってきては夜にビール(もとい発泡酒)飲んだ後寝る前にそれを作って多めのネギと半熟卵をのせてズルズルやるという、極めて正しくも健全な中高年の国分町の夜を自宅にて疑似体験しつつ、同時に自らの体もまた、これは疑似ではなく現実として中高年化の道をまっしぐらに進んでいたのだけれど、その進捗状況も半ばにしてハタと思い直して「禁『寝る前の天一』」を決意したいきさつがあるにもかかわらず、それを彷彿とさせる動きがまた起こり始めてるのであった。

ウーム、充実し過ぎるのも問題か。

ラジコン飛行機

今日トイザらスでラジコン飛行機を買ってきたんだけれど、イヤァ、最近はラジコンも安いものがたくさんでているのだナァ。
一度友人に買うことをほのめかしたら「ラジコン飛行機は7万円する」という、今にして思えばどこからそんな数字が出てきたのかわからない返事がかえってきて、でもそれにはやっぱりさすがにちょっとばかり臆して二の足を踏んだモノだけれど、なんの俺の買ったのはトイザらス価格5,999円。
スネ夫のいとこでなくても買える値段なんですネ。

そもそもラジコン飛行機に興味を持ったのは先月の東京滞在中、一度京葉線の市川塩浜という荒涼とした駅に降りたとき。
その脇に寂寞として存在するデイリーストアで買った500mlパックの牛乳の味のうすさに少々憮然としながら最後の一口を飲み干そうと見上げた空にブーンブーンと優雅な白いラジコン飛行機を見たときには、空の青、海のあをにも染まずただようその姿に思わず見とれると同時に、焼酎よかいちのCM(10年前)の榊莫山先生さながら「これや!!」と叫びつつ「そういえば前から欲しいと思ってたんだ」などと20年以上いや生まれてこのかた一度も本気で思ったことのない気持ちを遡及的に構築しつつ「仙台に帰ったら絶対に買うべ」の思いを強くして、それからずっとこの週末を楽しみにしていたのであった。

というワケで今日買ったその足でさっそく七北田公園に行って飛ばしてみたんだけれど、その飛行機はまだ上手くないからか10秒くらいしか飛ばずに墜落してしまうけれども、確かな「飛ばしてる感」を感じる内容。
ますますハマリそうな気配をしっかと感じたワケなのであった。

ただウーム、シーズンオフの直前ってのが難点なんだよナァ。

ちゃらおプロフィール

  • 【生年月日】S49年9月19日
  • 【住所】宮城県仙台市
  • 【出身】北海道函館市
  • 【SNS】mixi,twitter,FB

カテゴリ別アーカイブ

フィード

  • rss2.0
  • atom1.0
Powered by MT-4.261-ja