total: today: yesterday:

メルマガ夜想曲

去年の11月末からメルマガ「雜學備忘録」を発行しているけれど、イヤァ、週に1回だけの発行でもかなりの「発行している感」があるモノだナァ。

創刊前の構想としては、知識と文章とを自由自在に駆使しつつ「エイエイエイ」書き殴るやり方で発行は毎日、それでいて内容は盛り沢山で面白いという、全国の雑学ファン垂涎(すいぜん)のメルマガを鳴り物入りで創刊するつもりだったんだけれど、直前におれの内なる怠惰性自信抑制因子が突如活性化したことにより「まずは無理なく週イチ発行」との、結果としてまことにもって大英断と言わざるを得ない決断を下して現在に至っているというワケなのであった。

しかしそうはいってもやってみれば週イチとはいえこれもなかなかのホネ仕事、刊を重ねるにつれ「ウーム、楽しいけれどこれぞまさに自縄自縛」の思いを強くしながら、雑学知識は自給自足、自作自演といかないことへのもどかしさもまた同時に強く感じつつ、書きながらいつしか、ちょうど高校生が初めてのラブレターを何度も読み返しては推敲に推敲、想いをどう伝えるべきか自問自答するがごとき心待ちに至る頃よりおれ自身の高校生体験もそれに同調する形で側頭葉にフラッシュバック、「そういえばヒサエは今どこで何を」などといらぬこと頭よぎって肝腎の筆は一向に進まず、時折喉の仏さんのシュワシュワ鳴るを訝ってふと我に帰ればいつからか左手に握りしめたる発泡酒の缶の既に今にも空にならんとするをみとめてその自業自得ぶりに苦笑い、ここに「まだ日はある」と続きを翌日に持ち越すことを決めたが最後、自重自戒を知らぬ「今日の日はサヨウナラ発泡酒改めてコンニチハ的θ波時間」スタートと相なるワケなのであった。

ウーム、しかしながら今回のメルマガ事始、新たな趣味を持ちえたという意味では、これはおれの中での特筆すべきイベントのひとつであったのは紛れもない事実なのであって、たとい、これから先いくつかの段階でこのメルマガがさながら路傍の石に石ころ帽子をかぶせたがごとき注目度のなかにあったとしても、積み上げればその石もこれから先、雑学という険しい山道を登る先達(せんだつ)の置き土産としての、後に続く数多くの登山者たちの道しるべ、ケルンの一石となるを信じて疑わないのもまた事実、自分自身が楽しむことをまず忘れずこれからも休まず精進、自暴自棄になることなく発行し続けるべしとの思いを新たにするものなのであった。

ウーム、以上今回よく書いたナァ。自画自賛。

ちゃらおプロフィール

  • 【生年月日】S49年9月19日
  • 【住所】宮城県仙台市
  • 【出身】北海道函館市
  • 【SNS】mixi,twitter,FB

カテゴリ別アーカイブ

フィード

  • rss2.0
  • atom1.0
Powered by MT-4.261-ja